誰も待たない部屋の中で
胸の穴を押さえつけている
君が吸ってた煙草と
君の好きなものを
今日も買ってきたよ...

明日会う約束も
突然の別れで....消えて

君の香りの残るベッドで
壊れた君の愛を捜してる
君の香りの残るベッドで
今は涙流していいよね?
君の香りの残るベッドで
壊れた明日を羨んでいる
君の香りの残るベッドで
「さよなら」言えない....僕がいる

いつもバイクでしか行かない場所へ
今日は歩いて行きたくて
また君の事しか思いはできない
君が居ない事だけが変わっただけなのに
君からの電話ずっと待っている
せめて今日は君を想わせて

いつものように君が居そうで
いつもの場所へ今日も行くよ
僕を見つめる君が居そうで
またこの場所で歌う僕が居る

耳に残る君の言葉....
温もりとともに....残る

君の香りの残るベッドで
壊れた君の愛を捜してる
君の香りの残るベッドで
今は涙流していいよね?
君の香りの残るベッドで
壊れた明日を羨んでいる
君の香りの残るベッドで
「さよなら」言えない....僕がいる

WORDS BY TAKAYUKI

99.10.31